子連れで家族旅行 ペルー – 娘が大喜びだったマチュピチュ

娘が大喜びだったマチュピチュ Day5-2

2014.08.15 (金)  マチュピチュ  ⇒ ウルバンバ 晴れ

Day 5-1 の続きです。

マチュピチュ遺跡入口に到着。
トイレは中に無いので入場前に済ませます(有料10ソル)。

2014_Peru_Day_5_180 2014_Peru_Day_5_182

左手にある階段を上がり入場口の列に並びます。

2014_Peru_Day_5_183

娘も紫外線対策で重装備(笑)

2014_Peru_Day_5_184 2014_Peru_Day_5_185

入口でチケットとパスポートを見せ、特に問題無ければすんなり通過できます。

2014_Peru_Day_5_186

入ってすぐ左手にスタンプを押せる所があるので、空いている時を見計らって押しておくと記念になります。オススメは昼食後。だいたい一通り見終わる頃はまだ帰りの人の列ができているので、先に昼食済ませて再入場するとわりとすぐに押せますよ。

入場後、進路に沿って進むとまずハイラム・ビンガムのプレートがあります。
マチュピチュを発見した人らしいですが、現地の村の子供が先に発見したとのこと。

2014_Peru_Day_5_187 2014_Peru_Day_5_188
2014_Peru_Day_5_189 2014_Peru_Day_5_190

先に進むと左手に上に上がる階段があるのでルートに沿って登って行きます。

2014_Peru_Day_5_191 2014_Peru_Day_5_192
2014_Peru_Day_5_193 2014_Peru_Day_5_194

石の階段をひたすら10分くらい登ります。一体どこにあるのだマチュピチュは?
そう思って、歩いて行くと・・・

よく写真やテレビで見るマチュピチュの姿が!

2014_Peru_Day_5_195 2014_Peru_Day_5_196
2014_Peru_Day_5_197 2014_Peru_Day_5_198
2014_Peru_Day_5_199

この日は天気もよかったので写真やビデオを沢山撮れてラッキーでした。
というのも前日に現地のガイドさんから、最近乾季でも雨が降るから雨具は必須と聞かされていたので。。。 日程的に一日しか見ることができなかったので本当に良かった。

記念写真を撮影後、更に登ります。

2014_Peru_Day_5_200 2014_Peru_Day_5_201
2014_Peru_Day_5_202 2014_Peru_Day_5_203

見学中に時々ピーっと笛の音が聞こえることがあります。
これは観光客が立ち入り禁止区域に入った時の注意で、上の方でよく聞きました(笑)

2014_Peru_Day_5_204 2014_Peru_Day_5_205
2014_Peru_Day_5_206 2014_Peru_Day_5_207

それにしてもよくこんな場所に巨大な石の構造物を作ったなと…
現地に来て改めて思いました。本当に周辺は断崖絶壁って感じなのに。

2014_Peru_Day_5_208 2014_Peru_Day_5_209 2014_Peru_Day_5_210
2014_Peru_Day_5_211 2014_Peru_Day_5_212

ここでまた撮影ポイント。
ここからだと↓の写真のように撮影できます。

2014_Peru_Day_5_213 2014_Peru_Day_5_214
2014_Peru_Day_5_215 2014_Peru_Day_5_218
2014_Peru_Day_5_217
 2014_Peru_Day_5_219

遺跡を俯瞰で見る箇所を過ぎ、住居区域に入ります。
間近で見ると大小様々な石が組み合わさっているので、当時の人がどうやって作っていたのか見れるものなら見てみたいですね~

2014_Peru_Day_5_220
2014_Peru_Day_5_221 2014_Peru_Day_5_222

奥に進むと、植物や石でできた通路などがあります。

2014_Peru_Day_5_223 2014_Peru_Day_5_224
2014_Peru_Day_5_225  2014_Peru_Day_5_226
2014_Peru_Day_5_227 2014_Peru_Day_5_228
2014_Peru_Day_5_229 2014_Peru_Day_5_230

上から見て思いましたが、中に入るとホント迷路みたいです。

2014_Peru_Day_5_231 2014_Peru_Day_5_232
2014_Peru_Day_5_233 2014_Peru_Day_5_234

また少し登ります。

2014_Peru_Day_5_235 2014_Peru_Day_5_236
2014_Peru_Day_5_237 2014_Peru_Day_5_238
2014_Peru_Day_5_239 2014_Peru_Day_5_323
2014_Peru_Day_5_324

これがインティワタナ(日時計)。
この石はパワーが宿ってるらしく、手をかざしてパワーを石からもらうとのこと。直接石に触ることは禁止されてます。

2014_Peru_Day_5_240 2014_Peru_Day_5_241 

ここから一端降ってまた登り。
柵の向こう側は断崖です・・・

2014_Peru_Day_5_325 2014_Peru_Day_5_242
2014_Peru_Day_5_243 2014_Peru_Day_5_326
2014_Peru_Day_5_327 2014_Peru_Day_5_244
2014_Peru_Day_5_245 2014_Peru_Day_5_246
2014_Peru_Day_5_247

ここに休憩場所があるので、ちょっと休憩。

2014_Peru_Day_5_249 2014_Peru_Day_5_248
2014_Peru_Day_5_250 2014_Peru_Day_5_251
2014_Peru_Day_5_252

休憩後、探索再開!

2014_Peru_Day_5_253
2014_Peru_Day_5_254 2014_Peru_Day_5_255 2014_Peru_Day_5_256
2014_Peru_Day_5_257 2014_Peru_Day_5_258

途中、しっぽの長い野ウサギを発見。周りの子供たちもみんなで観察。

2014_Peru_Day_5_259
2014_Peru_Day_5_260 2014_Peru_Day_5_261

子供にはキツイ勾配の階段ですが、思いの外元気に登って行きます。

2014_Peru_Day_5_262

遺跡内で飼われているリャマ達。

何年か前に撮影のために連れてこられて、そのまま飼われているらしいです。基本アルパカやリャマは草食ですが、近頃は観光客がバナナなどを与えてしまい、味を覚えてしまった模様。どこかの猿のように餌よこせ!ってならなきゃいいのですが・・・
遺跡内では食べ物を食べることは禁止です。ガイドブックにはペットボトルの持ち込みも禁止とありますが、ペットボトルは基本大丈夫。良識のない観光客がピクニックを開き、食べ物を堂々と食べリャマにもあげる始末。そしてゴミも問題です。数年前まで見れた遺跡のポイントも見れなくなっているところもたくさんあります。決まりはしっかり守って遺跡を護ってほしい! by 妻談

2014_Peru_Day_5_263
2014_Peru_Day_5_264 2014_Peru_Day_5_265
2014_Peru_Day_5_266 2014_Peru_Day_5_267
2014_Peru_Day_5_268 2014_Peru_Day_5_269
2014_Peru_Day_5_270 2014_Peru_Day_5_271
 
マチュピチュ敷地内を一通り回って約3時間。
高低差もかなりあり、大人でも結構疲れる道のりでしたが、
ちょっとビックリだったのが娘が一番はりきって最後まで周れたこと。

子供にとっては階段1段ずつが大きかったりり、斜面の急な箇所が多い場所にも関わらず、自分達より早く進んで行ったのは意外だった。

どうせ途中で疲れて 「パパ抱っこ」 って言われるだろうと思ってたので…

で、思い返すと何で頑張れたかが判明。
それは最初の方で遺跡を見渡した時に、迷路みたいな岩場とリャマが見えたからで、そこに早く行こうと頑張っていたみたいです。

そうお目当てはこちら ↓

2014_Peru_Day_5_216 2014_Peru_Day_5_273

実際に住居跡ではいろいろ細い通路を回ってみたり、リャマの所では触ったり写真撮ったりしたので、本人も疲れも忘れてご機嫌でした。

2014_Peru_Day_5_322 2014_Peru_Day_5_272

12:00 遺跡入口の向い側にあるサンクチュアリロッジで昼食を取りました。
昼食後、遺跡入口から再入場して記念スタンプを押し帰ることに。

2014_Peru_Day_5_275 2014_Peru_Day_5_276

帰りの列車が 16:22 発だったので、少し早目にバスで降ります。
が、帰りのバス待ちも既に長蛇の列・・・ 14:00 ぐらいから列に並んでバスに乗れたのは40分後ぐらい。

2014_Peru_Day_5_278 2014_Peru_Day_5_277
2014_Peru_Day_5_279 2014_Peru_Day_5_280

村に到着後ちょっと散歩して、列車の発車まで一休み。

2014_Peru_Day_5_282 2014_Peru_Day_5_283
2014_Peru_Day_5_285 2014_Peru_Day_5_286
2014_Peru_Day_5_287 2014_Peru_Day_5_288 2014_Peru_Day_5_290

何となく日本の温泉街の雰囲気に似てるなと思ったら、温泉があったのでした。
アグアス・カリエンテ(熱いお湯)という意味。

2014_Peru_Day_5_291 2014_Peru_Day_5_293 2014_Peru_Day_5_294
2014_Peru_Day_5_295 2014_Peru_Day_5_296
2014_Peru_Day_5_297 2014_Peru_Day_5_298

途中、カフェに立ち寄りました。

2014_Peru_Day_5_299 2014_Peru_Day_5_3002014_Peru_Day_5_301 2014_Peru_Day_5_3042014_Peru_Day_5_303 2014_Peru_Day_5_3022014_Peru_Day_5_305

ドリンク注文後、娘がテーブルに飾ってあったリャマの人形を気に入ったようですぐさま 「これ欲しい!」 と・・・

試しにお店の人に譲ってもらえないか聞いてもらったところ、心良く OK してもらえた。ただ値段は不明。
ちょうどサンクチュアリロッジで昼食を食べている時に妻の友人と会え、合流。ここもその方にご馳走になったので、たぶん無難な値段だったと思いますが・・・

この人形は今 自宅のリビングに飾ってあります。

2014_Peru_Day_5_306

16:22 オリャンタイタンボ駅行き発車。

帰りの列車は EXPEDITION という車両。
行きより安い運賃なので車内も VISTADOME とは異なりますが、帰りは疲れて途中で寝てしまったので、ほとんど景色は覚えていません。
気が付いたらすっかり外も暗くなっていました。

2014_Peru_Day_5_307 2014_Peru_Day_5_308
2014_Peru_Day_5_309 2014_Peru_Day_5_310
2014_Peru_Day_5_311 2014_Peru_Day_5_312

18:00 過ぎにオリャンタイタンボ駅に到着。
夜の列車も風情がありますね。

2014_Peru_Day_5_313 2014_Peru_Day_5_314

駅の出口でタクシーの運転手さんが迎えに来てくれていました。
子供がいるので、その場でタクシーと交渉してというのも不安でして、少し割高でもホテルで頼んだ方が安心かと思います。

帰り道は村を抜けるまで渋滞。
道自体も細いのに大型バスとかも通るので、路駐車があると大変です。
村を抜けてしまえば後は1本道なので、そこからは順調でした。

2014_Peru_Day_5_315

19:00頃 ホテルに戻り、一休憩。
先にお風呂に入って、ご飯を食べにホテルのレストランに。
ロビーでも暖炉に火が灯っています。

2014_Peru_Day_5_321

娘は子供用のボロネーゼ、自分達はサラダとお肉を食べて合計 230ソル。
日本人にとっては料理の量自体が多いと思うので、メインのお肉料理は食べきれず。
妻に至っては9割残してました。。。
ぱっと見、娘のボロネーゼも大人の大盛か?というような量でした(汗)

食事が終わった時には、すでに 22:00 近くに。

部屋に帰る前に、外で星を見ることに。
夜空一面星だらけ!

2014_Peru_Day_5_316

ここで昨夜撮り損ねた夜空の写真撮影に再チャレンジ。
小型三脚を持って来ていたので、夜景モードで撮影するとこんな写真が撮れました。

2014_Peru_Day_5_317 2014_Peru_Day_5_318
2014_Peru_Day_5_319 2014_Peru_Day_5_320

本当は、α7s に追加でインストールしてきたタイムラプスってアプリで撮りたかったが、外は寒くて長時間いるのは無理・・・ 残念だけどあえなく断念。
部屋からきれいに撮れればよかったんだけど。

部屋に帰り、寝支度をして就寝。


子連れで家族旅行2014 ペルー Day 5-1 <<   >> 子連れで家族旅行2014 ペルー Day 6


かわいいアルパカの子供服&雑貨 Hilo de Lana イロデラーナ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)