Made in Germany のDSLRショルダーリグ

さすがドイツ製DSLRリグ

昨年秋に購入した walimex Pro Aptaris Universal XL Action-Set Kit っていうショルダーリグ。
仕事で使う為SONY α7s用にとアメリカのB&Hから通販で調達しました。

20141023_CamRig_012

これの前に別メーカーのリグを持っていましたが、何かと使い勝手が悪く、webで見た機材展の記事でこのリグを知りました。

実機を触った事もないまま購入するのは冒険でしたが、B&Hでの評価も高かったので、他のパーツ類もまとめてオーダー。発注から5日ぐらいで到着しました。
このリグですが、一式で売値が約$750。ちょっと値は張りますが・・・

20141023_CamRig_001 20141023_CamRig_002

早速、箱を開けてみます。
分厚いプチプチの下にパーツ類が。

20141023_CamRig_004 20141023_CamRig_005

こちらがメインのショルダーリグと細かいパーツ類です。
リグ関連の周辺パーツも種類が豊富で、お好きな方はwebで見ているだけでも楽しめるかと。

20141023_CamRig_006 20141023_CamRig_007

DSLR Cageです。
これだけ箱に入っており、その他はビニールでパックされていました。

20141023_CamRig_008

中を開けると、こんな感じでCageが入っています。

20141023_CamRig_009

Cageを取り出したところ。
材質は、こちらのページにmade of extremely light aircraft aluminiumとありましたので、軽量な航空機で使われているアルミニウム製みたいですね。

確かに軽いです!

20141023_CamRig_010

ちょっと各パーツを組んでみたところ。

20141023_CamRig_012

各部のアップ。
質感も高級感があり、軽量なのに強度が高そうです。さすがドイツ製って感じです!

20141023_CamRig_013 20141023_CamRig_014 20141023_CamRig_015 20141023_CamRig_016

このリグを選択した理由は、単純に見た目とCageの高さを調節できる事。
CAMを変更しても対応可能なので、いちいち買い直す必要が無く長く使えると思い購入しました。

と、ここまでは簡単なファーストインプレッションでしたが、後日、カメラを組んだ感じや、ちょっと手を加えたところ等を順次UPしていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)