DIYの工具たち – 何だかんだで良く使います

今度は DIY の工具たちです

他の記事にちょこちょこ出て来る、DIYで使っている工具たちのご紹介です。

【電動インパクトドライバー】



National 製(現 Panasonic) EZ 7540LN2S-B

2009年に Yahoo! オクでライトとセットで購入しました。



付属のケースです。

 

ケースを広げるとこんな感じです。
※ビット類は別売りです



付属充電器とリチウムバッテリー(2個)。



本体にはLEDライトも装備されてます。
照らされる場所も丁度ビットの先に来るようになっていますので、手元が暗い場合に便利です。



一緒に購入した充電式ライトの EZ3740 は、バッテリーがドライバー本体のものと共通です。

写真のように結構明るく投射角度も調整可能なのですが、LEDでは無いので電球切れの際交換が必要になります。

別途購入したビットやソケット類ですが、下記のものを揃えました。

 

まずは、+、-のビット。



こちらはソケット類。



穴あけ用に左が金属用ドリル、右が木工用ドリル。

20140104_Tool_007
六角レンチもあると便利です。



最後にフレキシルアーム。
狭いところや角度的に使用が厳しい場合に重宝します。

電動インパクトドライバーは使用頻度はそんなに多くはないですが、大物の組み立て時には必ずと言っていい程使います。
不用品の分解でも作業が楽なので、今となっては必需品ですね!

もう5年間使い続けていますが、特に不具合もなく使えています。

【壁裏センサー】



BLACK&DECKER 製 BULLSEYE
※鉛筆、消しゴムは別売り

購入当時、価格も比較的安価な方で水平の調整で便利なオートレベルも装備しています。



壁裏センサー使用時は、本体を壁に付けて右サイドにあるオレンジのボタンを押します。
2、3秒間イニシャライズが行われ後に、壁に沿ってスライドさせるだけです。
検知の際は、ピー っという音とともに液晶の表示が変わり、木の柱や軽量鉄骨などの他、電源線なども検知できます。

検知精度ですが、実際に使っていて特に 「使えないな~」 と思ったことはないので、実用レベルと思っています。



水平をとる際便利なオートレベル。
本体左サイドのスライドスイッチを切り替え後、右側のボタンを押すと赤い光が表示されます。

【基本工具セット】



IKEA 製 ツールセット
※カッターナイフ、鉛筆は別売り



ペンチやビット交換型ドライバー、金槌、モンキーレンチ等のセットです。

【小型電動ドライバー】



BOSCH 製 IXO2

これも何年前に購入したか忘れましたが、未だに不具合無く使えています。
酷使していないのでリチウムバッテリーも結構元気な方かと。



充電台座に交換ビットの収納スペースがあります。



LEDライトも付いてますし、何といっても小型軽量なので持ち運びも楽です。



収納時は台座ごと管に入れて保管できますので、ごちゃ付くこともありません。

普段は電気製品のビス外し等で使っています。



ちなみに IXO2 を持ち出すのも面倒な時は、写真のラチェットドライバーを使うようにしています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)