TREK 7.5FX カスタマイズ P6 – シフトケーブルの交換

交換して良かった シフトケーブル

年明けぐらいから調子の悪かった TREK 7.5FX の変速機。
たぶんシフトケーブルが原因なんだろうな~と思いつつ、しばらく放置していたところ、とうとう8速と9速が使えなくなり先日ケーブル交換を実施しました。

購入したのは



SHIMANO MTB SHIFT CABLE SET です 。

中身は



インナーケーブル 2本(180cm&210cm)とアウターケーブル、その他キャップ等。

今回はちゃんとしたプライヤを持っていなかったので、ついでにこいつも購入。



KTC コンビネーションプライヤー PJ-200-S



そこそこ重量があり、しっかりした作りです。
レビューも良かったので買ってみました。


7.5FX を購入して初めてのケーブル交換だったので、web で説明書を発見。
調整手順等を確認後、作業に移ります。

まずリヤディレイラー側のシフトケーブルを外し、アウターケーブルからインナーケーブルを抜こうと手で引っぱったところ、インナーが抜けない!

どうやらこれが変速不具合の原因だった模様。
確かにこんなに固かったらギアチェンジしない訳です…

リヤ側のケーブルを外した後、シフティングレバーユニットからケーブルを抜き出します。



後になってわかったのですが、写真のようにカバーを外さなくてもケーブルは抜き取れるようです。
ただ今回初めてカバーを外したので、グリスを塗布しておきました。

とりあえず正しい交換手順がわからなかったので、リヤ側から順番にアジャストパーツも含め一度バラシました。



外したビスや交換部品等は、トレーにいれておくと紛失しなくて便利です。

ユニットからシフトケーブルを抜く際は、シフトレバーをトップギアの位置にしておきます。



写真中央のビスを+ドライバーで外すと



ケーブルエンドが見えます。

ちょっと奥に入っていたので、自分はピンセットを使い抜き出しました。



これが外したケーブルです。



ケーブルを抜き出す時にほつれ出したので、ケーブルを切りました。



こちらが交換用のケーブルになります。
新品なのでインナーケーブルをアウターに入れても、当たり前ですが動きはスムーズです!

今度はケーブルを抜いた手順と逆の順に新しいケーブルを取り付けていきます。

入れ込むのはケーブルが新品のせいか、すんなり入っていきました。

アウターケーブルも交換前と同じ長さに切り、前後に付属のアウターキャップを取り付けインナーケーブルを通していきます。



最後にリヤディレイラーに固定後、



各所の調整を行い、ローからトップギアまでスムーズに変速するのを確認して作業終了です。



交換後は無事トップギアに入るようになりました!

早速、翌日走行してみましたが、正直今までのモタツキは何だったのかというぐらい改善しました。
快調! の一言です。

シフトケーブルの交換も、一度体験すればディレイラーの調整等もわかって面白いのかなと。

ただ他のメンテの時もそうですが、手袋をしないと手がオイルで汚れるので、薄いゴム手袋をしながら作業をお勧めします。
今回はゴムが破れた時の事を考えて、もう一枚薄いビニール手袋を下に装着し作業しました。

この組み合わせだと、手袋を外すのが楽だったので(ゴム手袋のみだと外し難い)以後この組み合わせで使う事に。
ちょっとした改善ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)